耳の後ろ しこり 押すと痛い

耳の後ろにしこりがあって押すと痛い原因と対処法

スポンサーリンク

体に痛い部分があるとそれだけでも不安になるものです。
その部分にしこりがあればなおさら深刻な病気を疑いがちです。
耳の後ろにしこりができる原因にはいくつか考えられますが、その大半は良性なのでそれほど深刻に考えることはありません。
最もよく見られるのは粉瘤またはアテロームと呼ばれる良性腫瘍です。
耳の後ろや耳たぶに好発し、皮膚の下の袋状になっている部分に老廃物が溜まります。
外傷や何らかの刺激によって発生することが多い他、ストレスや体力低下によってもできやすくなります。
痛みがない場合も多いですが、化膿している場合は押すと痛いこともあります。
気になる人は皮膚科の医師に相談するといいでしょう。
粉瘤が小さいうちに切除すれば根治することも可能です。
耳の後ろにしこりができて押すと痛い場合は、リンパ節が腫れている可能性もあります。
全身に存在するリンパ節の中でも耳の付近は最も目立ちやすいため、細菌が入ったりして腫れるとコリコリとした感触が認められるものです。
炎症が収まれば腫れも自然と引いてくるのが普通ですが、腫れが長引く場合は内科か耳鼻咽喉科を受診します。

スポンサーリンク

耳の後ろにしこりができて押すと痛い症状の原因は他にも考えられます。
金属製のピアスが原因で発生する肉芽は人間の免疫反応が引き起こす現象です。
対処法としては皮膚科や形成外科での治療の他、ピアスを金属のものから他の材質のものに替えるといった方法も挙げられます。
例は多くありませんが、痛風が耳の後ろにしこりを作ることがあります。
痛風と言えば足の指の付け根が痛くなる病気として知られています。
耳たぶの付近や足首・股関節にもそのような痛みを発生させることがあるのです。
治療は内科の他、痛風外来やリューマチ外来でも実施できます。
処方された薬を飲んで食生活を改善させることが必要です。
耳下腺腫瘍という病気には良性のものと悪性のものがあって、いずれも耳の下付近にしこりができます。
悪性腫瘍の発症例は多くはありません。
発生しても悪性の場合は痛みがないために放置することが多く、かえって良性腫瘍の方で痛みが発生することがあります。
いずれもそのような異常が認められたら、悪性か良性かを診断してもらうためにも早めに病院を受診した方がいいでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加