耳の下 しこり 押すと痛い

耳の下のしこりを押すと痛い時

スポンサーリンク

耳の下のしこりを押すと痛いってありますよね。
本当に痛い時は、押さなくても痛いかもしれません。
このしこりとは何なのか、まずそこから知りましょう。
リンパ、というものを聞いたことがあると思います。
これは、毛細血管から周囲の細胞に漏れ出した老廃物を、心臓に受かって運ぶ体液のことです。
これは血管のように、体の隅々にまで行き渡っています。
しこりは、このリンパに外部から何らかの病原菌が入って感染してできていることが多いです。
では、耳の下にできた押すと痛いしこりは、何が原因なのでしょうか。
耳の下にできた場合は、喉の炎症や虫歯、風邪などが主な原因としてあげられます。
ころころとしていて、押すと鈍く痛むのが特徴です。
耳の下のリンパの痛みは、病原菌がいなくなると、ほとんど自然に治ります。
また、部分的に、リンパが多く集まる箇所なので、特に腫れやすいので、しばらく安静にして様子を見ましょう。
しかし、まれに強い力を持ったウイルスや細菌が侵入していることもあります。
激しく痛む時はすぐに病院へ。

スポンサーリンク

ここで、皆さんやってしまいがちな、間違った対処法を一つご紹介します。
それは、「マッサージをする」ということです。
押すと痛いのですが、マッサージをするとなんだか楽になった気がしてしまいますよね。
でもそれは気のせいで、逆効果なのです。
ウイルスが原因でリンパが腫れている場合、マッサージをおこなうということは、体内でウイルスが循環してしまうということです。
体の他の部位が炎症を起こしたり、ひどい時には全身が激痛に見舞われることになりますので、控えましょう。
正しい対処法としては、「患部を十分に冷却する」「市販の痛み止めや風邪薬を服用し、安静にする」ということが一般的に言われています。
個人差はありますが、これらを行うと炎症が和らぎ、激痛を引き起こしにくいです。
また、多くの場合は、風邪が原因と思われますので、こまめな水分補給を行うことでも症状を和らげることができます。
これら、対処法をご紹介しましたが、少しでも不安があったり、気になる症状があったりしたら、必ず医師の診察を受ける、ということをお勧めします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加