耳たぶ しこり つぶす

耳たぶにできたしこりを自分でつぶすのはよくありません

スポンサーリンク

耳たぶにできるしこりで多いのが、粉瘤です。
これは良性の腫瘍のひとつですが、自分でつぶすのはおすすめできません。
粉瘤の中に入っているのは古くなって死んだ角質細胞や、劣化した皮脂などです。
こうしたものが詰まっているため、耳たぶにできたしこりを自分でつぶすといやな臭いがすることがあります。
こうしたしこりは耳たぶだけでなく、顔にもできます。
顔にできたときはにきびと見分けがつきにくいので、なおのこと自分でつぶす人が多いようです。
しかし、このようなしこりを自分でつぶすのが良くないという理由は、つぶしても根本的な解決にはならないということです。
自分でつぶすとしこりの奥深くに残っている残留物が完全には取り除けないためです。
また、粉瘤は皮膚の表面から内部にかけてつくられた袋のようなものなので、中身を出してもまたそのうちに元のように古い皮脂や細胞がたまっていきます。
さらに、下手につぶしては状態を悪化させてしまう心配もあるのです。

スポンサーリンク

耳たぶにできたしこりがただの粉瘤であれば、通常痛みやかゆみはありません。
しかし、それを自分でつぶすとつぶれたところから別の細菌が侵入する危険性が高くなるのです。
そうなると化膿してしまい、化膿性粉瘤という皮膚病になってしまいます。
化膿すると痛みもひどくなり、熱を持つこともあるので、できるだけ早く皮膚科で治療してもらうことが重要になります。
化膿していないただの粉瘤であれば、袋状になっている部分を根こそぎ取り除く手術をすることによって完治します。
手術なんて大げさと考える人もいると思われますが、故意につぶさなくてもついいじって化膿させてしまうこともあるので、早いうちに完治しておく方がよいでしょう。
化膿してしまったら、手術とともに抗生物質の投与が必要となります。
化膿すると再発しやすくなるので、耳たぶに妙な手触りを感じるときは早めに皮膚科で相談するのがおすすめです。
ときに単なる脂肪のふくらみであることもありますが、病院でエコー検査をすれば判別できます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加