耳たぶ しこり 痛くない

耳たぶのしこりは痛い痛くないに関らずどのような原因でできるのか

スポンサーリンク

耳たぶを触った時にコリコリとした「しこり」を発見することがあります。
触ると痛い場合と痛くない場合があり症状の出かたは人それぞれですが、このしこりができる原因にはどのようなものがあるのでしょうか。
耳たぶにしこりができる原因として一番多いのが粉瘤(アテローム)です。
粉瘤は良性の皮膚腫瘍で、普通なら新陳代謝によって剥がれ落ちる垢などの老廃物が皮膚の中にできた袋状の構造物に溜まったものです。
通常は触っても痛くないのですが、何度も擦ったり袋の中に溜まった老廃物を出そうとして無理やり粉瘤を潰した際などに雑菌に感染すると炎症を起こし痛みを伴います。
粉瘤は体に害があるわけではないので放置しておいても問題ありませんが、自然に完治することはないので経過とともに肥大化します。
またごく稀なケースですが粉瘤が癌化したという報告があります。
治療方法は病院で粉瘤を切開して袋の中に溜まった老廃物を出してもらうか、袋そのものを摘出します。

スポンサーリンク

耳たぶにしこりができる原因には肉芽(にくが)の場合もあります。
耳たぶの肉芽はピアスによってできる良性の腫瘍です。
体がピアスを異物として認識し排除しようとして起こります。
人間の体は外から異物が入ってくると免疫が働き炎症を起こして異物を排除します。
しかしピアスは炎症を起こしても排除することができません。
そこで体は排除を諦め、今度は異物(ピアス)を隔離しようとします。
そのためピアスの周りにリンパ球が集まり「肉芽」が形成されるのです。
肉芽への対処法ですが、まずピアスが金属製なら樹脂製の物に変えてみましょう。
肉芽は樹脂製のピアスの方が比較的できにくくなります。
またピアスホールの開け方に失敗し、歪んで開いていると肉芽ができやすくなることがあります。
このような場合は、一旦ピアスを付けるのをやめてピアスホールを塞ぎ、もう一度きちんとした病院でピアスホールを開け直しましょう。
肉芽の治療方法は炎症が起きている場合は病院で抗生物質の内服、外用薬を処方してもらいます。
肉芽が大きくなった場合は手術で切除することもあります。
耳たぶのしこりは触ると痛い、痛くないは人によって異なりますがほとんどの場合良性腫瘍です。
しかし稀に「悪性腫瘍」の場合や「痛風」の場合もあります。
ですからしこりが表れたら自己診断せずに一度医療機関を受診して原因を突き止めておいた方が良いかも知れません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加