ニキビ 腫れ しこり

ニキビが腫れてしこりになったときの対処法

スポンサーリンク

ニキビの原因は、アクネ菌という毛穴の中に生息している常在菌が繁殖して皮膚に炎症を起こすということです。
そのため毛穴が詰まることが多く、中で炎症が治まらないままになっていると腫れてしこりができることがあります。
このような場合、アクネ菌による炎症のために腫れているのでしこりは赤みを帯びて見えます。
炎症がさらに進んで化膿してくると、しこりの中心付近が黄色や白色に見えることもあります。
このような場合には、腫れたところが膿を持っているのでその膿が透けて見えているのです。
また、炎症が起こっているとき以外でもニキビにしこりができることがあります。
それは、古くなった角質や皮脂などがうまく排出されずに毛穴の中や皮膚の内部に溜まってしまっている状態です。
このようになると、自然に中身の古い細胞が排出されることは難しくなります。
そのため、医薬品や化粧品などを使って自分でケアする必要が出てきます。
最近では、しこりニキビ用と銘打った医薬品や化粧品なども販売されています。

スポンサーリンク

ニキビのしこりを取り除くためには肌の代謝機能を高めることが有効です。
一方、市販のピーリング剤などを使って取り除こうとするのはあまり効果がないばかりか、肌を傷つけることもあるのでおすすめできません。
特に、腫れが見られる間は肌に刺激を与えないようにすることが大切です。
専用の化粧品を使えば、刺激を与えず症状を改善することが可能です。
また皮膚科や美容皮膚科などに行けば、光治療やレーザー治療などによってニキビの芯から取り除くこともできます。
ステロイドなどを一時的に使って治療する方法もあります。
体の中からニキビに対して有効な成分を取るという方法も役に立ちます。
時間は多少かかることもありますが、肌質を根本から改善したいという人におすすめです。
特に効果があるといわれているのは、脂質の代謝を改善するビタミンB2やビタミンB6・ビオチンなどのビタミンB群、血行を良くするビタミンEなどの成分です。
また、乳酸菌や酪酸菌も肌質改善に効果があります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加