脇の下 しこり 押すと痛い

脇の下に押すと痛いしこりができた場合の対処法

スポンサーリンク

人間の体にはさまざまな原因で皮膚の下にしこりができます。
良性のできものというケースも少なくありませんが、中には治療しなければならない病気が原因となっているケースもありますから注意が必要です。
脇の下にできるしこりのうち、最も注意しなければならないのは血液がんに属する悪性リンパ腫です。
リンパ組織のある臓器ならどこにでも発生する可能性はありますが、リンパ節での発生が特に多くなっています。
脇の下にもリンパ節があります。
この部分に腫れやしこりがあって発熱や倦怠感が見られるようなら一度病院の内科か血液内科を受診して検査を受けた方がいいでしょう。
この場合は脇の下のしこりを押すと痛いわけではないのが特徴です。
これに対して脇の下のリンパ節が風邪や怪我などで腫れている場合は、それほど心配することもありません。
リンパ節は体内に侵入した細菌やウイルスなどの外敵と戦って退治するのが仕事なのですから、体内にそういった病原体が多い時には腫れるのが普通です。
脇の下にあるリンパ節は特に大きいので、腫れが目立つ上に押すと痛いという特徴があります。
この場合は放置しておいても自然と腫れが引いていくものです。

スポンサーリンク

脇の下にしこりができる原因はリンパ節以外にも考えられます。
押すと痛いとは限りませんが、脂肪腫や粉瘤と呼ばれるできものがこの部分に発生したというケースも有り得ます。
いずれも良性の腫瘍ですので、それほど深刻に考える必要はありません。
脂肪腫は脂肪のかたまりが腫瘍化したもので、普通は押しても痛みはありません。
大きくなると神経を圧迫して痛みが発生することもあります。
放置していても特に問題はありませんが、気になる人は皮膚科か形成外科を受診して医師に相談してみるといいでしょう。
粉瘤は全身どの皮膚にも発生する腫瘍です。
内部には脂肪ではなく皮膚の老廃物が詰まっており、通常は押しても痛くありません。
稀に大きくなることもあって、炎症を起こすと痛みも発生します。
あまり大きくならないうちに皮膚科か形成外科を受診し、適切な治療を受けた方がいいでしょう。
手術で切除するにしても、まだ小さいうちの方が負担も軽く済むものです。
同じようなしこりはムダ毛処理の際に毛穴に細菌が入ることでも発生する場合があります。
この場合はムダ毛処理後に皮膚の状態を衛生的に保つことである程度の予防も可能です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加