首のしこり 痛くない 動く

首のしこりを触ると動くが痛くない

スポンサーリンク

首のしこりが気になるという人は、意外にも多いものです。
しこりというと、誰もが真っ先にガンを連想してしまいます。
よって、慌ててしまう人も少なくありません。
しかし、落ち着いて考えてみることが大事です。
いつ頃からできているのか、触ると動くのか、痛いのかどうかといったことなどを確認していきます。
触っても動かない場合には、それはしこりではないかもしれません。
また、触っても痛くないという場合、これは特に問題がないこともあります。
というのも、首のしこりは誰でもできやすいものだからです。
リンパ腺に沿ってできており、触ると動くというものがコロコロとたくさんある場合、これはリンパ腺が腫れていることが考えられます。
そして、痛くないのであれば、そのまま放置していても問題ありません。
リンパ腺はちょっとしたことで腫れてしまうことがよくあるからです。
風邪を引いた時や熱が出た時などにも、腫れてしまうことがあります。
徐々になくなってくることもあります。

スポンサーリンク

首のしこりが触ると動くため、気になってつい触ってしまうという人も居るはずです。
しかし、触り続けているといくら痛くない状態が続いていたとしても、摩擦によって痛くなってしまうことがあります。
また、大きさも大きくなってくることがあるので、注意が必要です。
痛くないのであれば、できるだけ触らないようにすることが大事です。
どうしても気になるという人は、耳鼻科を受診してみることをお勧めします。
場合によっては、おたふくかぜの可能性も捨てきれないからです。
特に大人になってからおたふくかぜに罹ってしまうと、治りづらく、症状もひどくなってしまうことがあると言われています。
最初は痛くなくても、だんだん首のしこりが痛くなってくることもあるため、違和感がある場合には受診した方が無難です。
それから、一度、良くなってもまた首にしこりがあらわれることもあります。
これは体質的なことも考えられるため、あまり気にせずに過ごすことが一番です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加